ようやく春らしくなって来た。

街は新年度を迎え、初々しい?若者で溢れている。

僕のように年を取ってしまうと、新たな感慨は無いのだが、それでは新人に申し訳ない。

若々しい息吹を年寄りたちも、もっと感じなくては…。

確かに、新人を育てることは難しいし、よく裏切られる。

それでも、新人が入ってくることのプラスを考えよう思う。

Last Post
Next Post
Topics
トピックがありません。

コメント欄を読み込み中