最近、時期的に進路等でアドバイスを求められることが多い。

AかBかという状況で、なるべく決定的なことは言わないようにしている。

というのは、最終決断は自分でしなければならないからだ。

AとBどちらが、本人に合っているのか?

明らかにBの方が向いていても、本人に少しでもAへの思いがある時には、決定的な事は言わない。

というのは、入ってから壁にぶつかった時、本人の逃げ道になってしまうからだ。

自分が決めたことだから、自分でなんとかする!

その強い思いがなければ、希望者が溢れている職業では、大成しない。

そう思っているので、今日も結論は言わず、歯がゆい思いで見ている。

Last Post
Next Post
Topics
トピックがありません。

コメント欄を読み込み中